headband
HOME >> エンジニアの仕事探しと服装について

エンジニアの仕事探しと服装について

エンジニアの仕事探しでは服装にも気を配る必要があります。

自分の人となりの審査をされるわけですから忘れてはならないわけですが、それでもつい忘れられがちなのですが、エンジニアとして面接を受ける際には服装に注意することが重要です。服装といっても何も一張羅を着ていく必要はありませんが、それでもジーンズなどは論外です。何はともあれまずはスーツを着用するのは第一です、そしてベルト・靴・書類入れはブラック、腕に時計をつける、装飾品は身につけないなどです。

選考時に意外と目立つのが靴です。システム開発の現場では靴を履くことがあるかどうかは分かりませんが、動きやすいように靴ではなくツッカケで作業をしている人も多いと思います。マシン室が土足禁止でツッカケになるケースもあります。
そのため、靴を履くということから離れてしまう人もいます。

ただ、ビジネス用の靴であれば問題はないはずですから、革でできた黒系の靴であれば問題はないものの、ほこりがついていると人事担当者からの印象がマイナスになってしまうので面接に向かう際は見ておくことが大切です。

いつもスーツを着ない職場で働いていた場合しばらくフォーマルな服装を装わないことも多いでしょう。スーツは不慣れではあるけれども、面接のときぐらいは、スーツを着用しても良いのではないでしょうか。

スーツがない場合は、近くのスーパーマーケットでもよいのでスーツを準備しておきましょう。お金をかければ、高いスーツもありますが、当面はそこそこ形になればそれで事足りますから。

面接の前にはあらかじめきちんと着れるコンディションかチェックは必須です。システム開発でもいきなり本番であることはありません。まずテストによって正常性を確認するはずです。だから、面接でも同じことで、本番の前に準備段階で正常性を確認しておくことです。

転職する場合、履歴書の職歴欄には誰が読んでも分かるように書かなくてはなりません。これまでにどんな業務を経験してきたのかが分かれば、新しい職場に馴染み、力を発揮できるか、採用する側もイメージすることができます。さらに、顔写真は意外と重視されるもので、友人などに頼まず、プロが撮影してくれるところで、撮影してもらったほうが、良いものになります。
pagetop

SE転職ピンポイントPattern

Copyright(C) 2013 SE転職ピンポイントPattern All Rights Reserved.