headband
HOME >> エンジニアの特定派遣と一般派遣

エンジニアの特定派遣と一般派遣

エンジニアというのは派遣による勤務の形態がとても多い業種です。そこで、派遣について少し説明をいたします。勤務形態として、客先常駐型がとても多くなりますが、その際に2つのパターンがあり、1つ目は派遣契約による勤務でありもう1つは請負契約による勤務です。これは会社間での契約形態の違いなので働くエンジニアにとってはどちらでも変わらないと言えます。ただし、ともに客先常駐として働くという形態には違いはありません。

そして派遣制度には、登録型派遣(一般労働者派遣、いわゆる一般派遣)と特定派遣(特定労働者派遣)があります。

一般派遣(登録型派遣)は非常用雇用形の派遣制度であるのに対して、特定派遣は常時雇用形派遣です。特定派遣は、派遣元の企業がエンジニアを正社員(あるいは契約社員)として雇用することになります。その上で派遣先にアサインされることになります。

一般派遣の場合は、仕事があれば働いてもらうという形態ですので、社会保険についても加入がない場合があります。つまり仕事だけがアサインされて、保険関係については自分で行わなければならないということです。仕事は不安定になりがちで、あらかじめ定められた契約期間が終了したら、その後仕事がないというケースもすくなくありません。

一方、特定派遣については、その派遣元会社の正社員または契約社員として働くこととなり、基本的に常時雇用社員として働くことになります。そのため、社会保険についても加入となるケースが多く、エンジニアも安心して働くことができます。
pagetop

SE転職ピンポイントPattern

Copyright(C) 2013 SE転職ピンポイントPattern All Rights Reserved.